学生トピック?| KBS 慶應塾大学大学院経営管理研I科 ?慶應塾大学ビジネスヅRクー?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.panlonggu.cn/" /> <link rel="self" type="application/atom+xml" href="http://www.panlonggu.cn/xml/atom.xml" /> <id>tag:www.panlonggu.cn,2013-03-19://17</id> <updated>2021-04-12T05:58:03Z</updated> <subtitle>慶應塾大学ビジネスヅRクール(KBSQは、MBA課程、博士課E、エグゼクティブゅRナーを開する、日本初のビジネわVクール。マネジメント教肌Ӂ関する国際的な第三者評価機関(AACSB InternationalQから認a{取得?/subtitle> <entry> <title>2020q度「生産シわVム設a論」開催報?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.panlonggu.cn/news/2021/019050.html" /> <id>tag:www.panlonggu.cn,2021://17.19050</id> <published>2021-04-12T05:47:25Z</published> <updated>2021-04-12T05:58:03Z</updated> <summary>2021q??1日??8日にかけて、株式会Cマグトロニクス様(以下、マグト...</summary> <category term="学生トピック? scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.panlonggu.cn/"> <![CDATA[<p>2021q??1日??8日にかけて、株式会Cマグトロニクス様(以下、マグトロニクスC)の神奈川W2工場Q相武台前)にてフィヹ{ドワヹ{を行い、「工場の生産能力向上の改善提案を行う」という目的の下に、CMP装置ケーブルの生産ラインを中心に、現場分析と考察を行いました?/p> <p>本講では、初回にマグトロニクス社の本Cにて、社镗菅正彦様をはじめとする社員の斏Vより企業概要や工場における珄、課をお聞きし、その上で分析対象となる生産工程を、オミ냩インを通じて確認しました。その後は、河野先生・坂爪先生の指揮の下、課をzい出し、テヹ{によってチーム分け(作業性・生産性チヹ{ȝ産計甅Rヹ{d質チヹ{Qをし、各チームがそれぞれのテヹ{・課に基づいて工場見学、イミ낿ビュヹ{生産管理のデーѝ分析を行いました。先生方のご指導を得ながら、分析結果を基に仮説を立て、提aを打ち出し、最i日にはチーム毎に現場分析のi果及び改善提案を発表致しました?/p> <p>本講は、本?,4,5限でしたが、緊急事態宣aが発出され、受生が一度に工場に立ち入ることができなくなったため、各チームの見学?時間に縮となり、午前から午後にかけて各チームが時間を分けて見学を行うことになりました。このような状況ではありましたが、各チームが実用性の高い改善提案を目指し、限られた時間で効率よく見学、分析を行い、工場見学以外の時間ではNだけでなく、オミ냩インも活用しながら、先生方やメミ냐ヹ{Ҏ的に議論を重ねることができたと思っております?/p> <p>最i報告会の場においては、各チームのに対して、社員の斏Vに興味を持って頂き、「社内の珄・課がよく指摘されている」、「この改善提案を実施してѝい」、「この改善提案はこうしたらもっとより実用的になるのではないか」などといったご質問やご感想を頂戴し、有益な議論をすることができました。今後のマグトロニクス社の改善活動に向けて、何かしらの気付きやヒントになったのではないかと感じております?/p> <p>本講を通じて、定着した珄の作業工Eの中から無駄な工程や、デヹ{の中から問題の根源を見つけ出し、分析を通じて、問に対して効果的な提aをするといった能力をうことができたと思っております。これ以外にも、我々が今までにi験してきた業界とは違う業界の現場を実際に見たり触れたり、イミ낿ビュヹ{通じて一企業としての問題に対する姿勢や、企業に属する社員の斏Vの仕事に対する姿勢などを目にすることができ、大変勉弗なりました。今後はこれらの貴重な体験を自nの業務にも生かせるよう努めて参りたいと思っております?/p> <p>今年度、コロナウイルスの媄ѝより入学時からほぼ全ての義をオミ냩インで受けてきたM43にとっては、実際の珑֠を見て、担当者に話を伺い、メミ냐ヹ{直に議論できたことは、大変有意義な時間となったと感じております?/p> <p>最後に、この度は緊急事態宣aが発出されている中、工場見学という大変貴重な機会を与えて下さり、見学がわVヹ{に逌ӂよう分析にご協力下さったマグトロニクス社の皆様に厚く御礼生끗上げます?/p> <p class="taR">M43 木下 裕、チャンヅRミ냻ティエッ?/p> <img src="/images/img_210412_01.jpg" alt="2020q度「生産シわVム設a論」開催報?>]]> </content> </entry> <entry> <title>修士課程2q生の金野有真君 (林高樏V? の研I「有価証券報告書のテキスト分? 株式市場への反応評M」が?日本金融・証券計量・工学学会QJAFEEQのW?4回(2020q度冬季Q大会におい?「コミ냚ティ゗ホ_U演賞」を受賞しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" /> <id>tag:www.panlonggu.cn,2021://17.18968</id> <published>2021-02-25T07:15:47Z</published> <updated>2021-02-25T07:21:16Z</updated> <summary></summary> <category term="学生トピック? scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.panlonggu.cn/"> </content> </entry> <entry> <title>2020q度「KBS若き血会?開催報告 tag:www.panlonggu.cn,2021://17.18944 2021-02-16T09:30:49Z 2021-02-16T03:56:11Z 厅R2021q??4日(日)、第7回若き血会を開催いたしました。若き血会は、K... 厅R2021q??4日(日)、第7回若き血会を開催いたしました。若き血会は、KBS在校生により運営される若手同H会であり、KBSの在校生ならた끫修了?0q未満の若手同H生QMBA・EMBAQを丅Rして毎年度開催されております。第7回目となる本q度は、在校生M了生合わせて50名近くの斏Vにご参加いただきました?/p>

本年度は新型ゟ냭ナウイルҎ染症による緊急事態宣aが発令されたことを受け、オミ냩インでの演会のѝ実施となりました。開会に際して学指の齋藤卓爾准教授から、在校生へのȀ励のお言葉やKBSの近況報告などをいただきました。講演会には株式会社トラミ낸ットジェネラルオフィス代表の中村貞裕様をお迎えし、「“ブヹ{を生み出す仕掛h”が語る、ビジネҎ功に向けたモチベヹ{ョンE持とh脈Ş成のゟ냄」というテーマでご講演をいただきました?/p>

演の前半は、中村様の”ミヹ{g事術”が立されたバックグラウンドや、マヹ{ѝとしての感度を高めるノウハウ、カフェをはじめ多くの事例に基づくブヹ{やトレンドの作り出し斏Vどをお話しいただきました。後半は形成のコツを教えていただき、「h間関係の構築には^・運・ゅRわVいう三つの要素があり、これらをより良いものにするために努力することが重要である」との学た낒得られました。自発的なコミュニケヹ{ョンが鍵となるビジネス環境において、どのように行動していくくVかを攏Vて考え直す会となりました?/p>

なお、本q度は緊急事態宣aの発令により、懇親会を開催することは叶いませんでした。しかしながら、今回の演会がオンライミ끧の交を促逌Ӂる一助になったかと存じます?/p>

新型ゟ냭ナウイルҎ染症の媄ѝより不透明な状況がEきますが、そのような中でも多くの斏Vのご協力により若き血会をE続できたことに感謝いたします。本q度の若き血会が“血のつながったビジネスパートナヹ{の出会い”の契機となればqいです?/p>

                                                                                                                                                                                                                                                                         若き血会実行委?/p>

                                                                                                                                                                                                                                                          M43 藤門 一?span>  、中賀 優?span>上西 嘉乃

                                                                                                                                                                                                                                                    

DSC01709.jpg    DSC01705.jpg

]]>
委員h2020 開催報告 tag:www.panlonggu.cn,2020://17.18891 2020-12-28T04:20:16Z 2021-01-06T00:57:00Z 本年?回目を迎えるビジネスプラミ낳ミ냆わV、委員長杯が12?...

本年?回目を迎えるビジネスプラミ낳ミ냆わV、委員長杯が12?3日(日)に慶應義塑֤学日吉キャンパス協生で『FRESHEN UP 日本を元気づけるビジネスソリュー゗ミ뀏をテーマに開催されました。当日はKBS生だけではなく、SDM(゗テムデザインヅRネジメント研I科)、健店ネジメント研I科の学生や一部学外からの参加者も加えた全9チームによるプレス{テー゗ミ끌行われました。本qは覌をオミ냩イン中継に限定し、のべ約90名の斏V覌されました。審dには当研I科の余田教授(委員P、清水教授、岩本特L授に加え、ブレイクポイント株式会C代表取R役 若山様、KBS同窓会会镗前田様とW一Rでz躍する斏Vをお迎えし、鋭い視炏V多くのコメントを頂戴いたしました?/p>

審査員の皆様=Q前列左からQブレイクポイント株式会C代表取R役若山様、岩本特L授?余田教授Q委員長Q、(後列左から)KBS同窓会会長前田様、清水教?/span>

委員hは社会に存在する課題を発見し、各チームのグルヹ{員の多様な視炏VzRし、様々なビジネスソリュー゗ミ낒提案するビジネスプラミ낳ミ냆わVです。各チームがインѝューや企業訪問だけではなく、実際にプロダクトの作成を行うなど、ビジネわVして実現性の高い取りiみを行いました。ケヹ{メソッドの講から得られた「経営環境が変化していく中で、新たなi営課題を発見し、それに対する解決・マネジメミ냈Ҏを考え抜く」学た끌より実践的な形となり、多様なプラミ끌ス{から構築され、新たな価値が創出されていたと感じます?/p>

さらに今回のゟ냳テストでは大賞、イノベヹ{ョン賞、KBS同窓会賞、オヹ{ィエミ낹賞のQつの賞が授与されました。オヹ{ィエミ낹賞は、オミ냩インエンディミ낰ノートサヹ{わVomamori」を提案したチーム「あなたのイキザマomamoriします」が受賞。KBS同窓会賞は、オミ냩インpゟ냼チングサヹ{わVENGLEAD」を提案したチーム「ENGLEAD」が受賞。委員長賞はリノベータ育成・マッチングサヹ{わVリノベヤロヹ{」を提案したチーム「ZUNDA」が受賞。大賞は、故人やその家族、そしてC会にも低負荗供養cビス「Hand in Hand」を提案したチーム「日吉runner’s」が受賞しました?/p>

オーディエンス賞受賞チーム「あなたのイキザマomamoriします?/span>
大賞受賞チーム「日吉runner’s?/span>
委員镯受賞チーム「ZUNDA?/span>
KBS同窓会賞受賞チーム?ENGLEAD / イングリヹ{?/span>

出場者からは「KBS生だけでなくSDM生のメンバーとのプラミ냋ミ낰プロゅRを通じて、自分たちと異なる視炏V触れることができた」、「審dからの鋭いご評から、自分達のプランの質を向上させる貴重な機会となった」、「日々のケース分析では体験できない、ゼロからビジネわV創出することの難しさ、面白さを感じることができた」などの声が挙がっています?/p>

来年度はより多くの他研究Uの学生や学外の斏V協同し、多面的な視炏VzRしながら、プロダクトの作成を含めたより実現性の高いプラミ낒目指し、KBSをv炏Vしたさらなる学びの場の構、そして新しいビジネわV芽が肌Ӂ会にしていきたいと考えております。最後に実行委員のメミ냐ヹ{代表して、運営の進行に携わってくださった全ての関係者の斏Vに心よりMC申し上げます?/p>

委員h実行委員担当 土居x

]]>
藤原 匠^?M41)、松?裕介?M40)、後期博士課E?qの?愛子君、高?大志教授の共同研I「特a分析を通じた企業M値算定手法の構築 -特許文書ベクトルによ?IPO 公開価格の評?」が人工知能学会の「研I会優秀賞」に選ばれました tag:www.panlonggu.cn,2020://17.18703 2020-06-25T07:06:00Z 2020-06-25T07:11:54Z 2019q度「デジタルテクノロジヹ{i営」開催報?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.panlonggu.cn/news/2020/018700.html" /> <id>tag:www.panlonggu.cn,2020://17.18700</id> <published>2020-06-25T00:13:26Z</published> <updated>2020-06-25T02:28:34Z</updated> <summary>****************************************...</summary> <category term="KBS Life" scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <category term="学生トピック? scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.panlonggu.cn/"> <![CDATA[<p>******************************************************************************************<br />MBAプログラ?019q度2学期U目「デジタルテクノロジヹ{i営」開催報?/p> <p> 企業の様々な゗ミ끫おいて、デジタルテクノロジヹ{どのようにビジネわVzRすかがますます重要になってきています。当授業では、デジタルテクノロジヹ{概要説明およx用事例紹介を通じて、知識をE羅的に得するとともに、経営者としてデジѝテクノロジーをどのようにzRすかの勘所をnにつけることを目的としています?br />******************************************************************************************</p> <p> W?回目の「デジタルテクノロジヹ{i営」の授業では、「世界のi営者を知る」「IBM Researchによる未来予測」「Xテック動向」の3つのテーマを扱いました?0ヶ国5,000名のi営者は、業界がi合又は融合していくことが自Cに影響を与え、自Cに最も媄ѝ与えるものがテクノロジーと考えていることが紹介されました?br /> IBM Researchによる未来予測では、AIを活用した素材や原材料のマッチンC例、量子コミ냔ューѝ研究動向についてレクチャヹ{ありました。特に量子コミ냔ューѝ珑֜のスヹ{ヹ{ミ냔ューѝは数万年かかる計をわずか数分で完成させる等、今後の人類の生zR大きく媄ѝ与えると期待されています?br /> 最後のXテック動向では、プラットフォーマーが既存の産業構造や競争原理をどう再定義していくのかについて、様々な業界の事例を見ながら理解を深めていきました?br />いずれのレクチャヹ{テクノロジーと企業経営は切り離せないことを示し、テクノロジヹ{zȝした企業が今後の競争を生き抜いていけるのだと感じました?br />QM42 江星建太Q?/p> <p> W?回目の授業では、次の経済成镗支える重要なゟ냳ゅRトと思われるAI、アナリティクスとブロックチェーミ낒取り上げました。こ?つのa葉はよくマスメディアに取り上げられるので、我々にとって非常に馴染ѝあるa葉とaえます。しかし、実際にはなかなかうまく説明できない人はなからずいます?br />この3つのゟ냳ゅRトの本質を受生全員が理解出るように、講師が一から丁寧に説明してくれました。加えて、受生の大半がITの素人ということを考慮した上で本講は分かりづらい門a葉をなるくV使用せずに行っていただきました。説明内宏V、AI、アナリティクスとブロックチェーミ끮良い面とIBMCの運用事例のみならず、現時点での課題、制限及x意事項も含まれます。従って、修者AI、アナリティクスとブロックチェーミ낒全面的に理解できました。テクノロジヹ{i営で学できた内容とビジネわVャンわV卒業後ITベンチャヹ{立ち上げに繋がるので、v業を目指している斏Vとって非常に彏V立つと考えます?br />QM42 蔡尚甫)</p> <p> W?回目はデザイミ낷ミ낭ミ낰Q以降、DTQをテーマとして、IBMよりDTの専門家の斏Vをお招きし、講及た냯ヹ{゗ップを通じて学た끾した?br /> IBMでは?013qからデザイミ끫力を入れ、「Good Design is good business」の考えのもと、卓した顧客体験を創造するためのcしてデザインを位|づけ、DTをカルチャーとして浸透するために毎年相当の投資を行っているそうです。講師からは、DTは魔法の道具ではなく、参加者が目に見えるŞで議論してアイディアを出し、解決策を決定していくため思考法のひとつという説明があり、その客観的な姿勢に好感が持てました?br /> ワークショップでは、DTの一連のわVップ、「理解」「探索」「プロトѝプ」「評価」を体験しました。重要なポイミ냈は、ユヹ{D炏Vら考えること、話すよりもポストイットに文字やic書くこと、アイディアを沢山出すことなど基本ルヹ{の説明がありました。特にユヹ{ヹ{感情を理解するためのペルソナの設定等やプロトѝプのa定は、手法としても確立していて学た끌ありました。実cてみると、文字を書くのがおろそかになったり、他のhのアイディアに否定的になったりと難しくも感じましたが、DTの一連のれを体験することで、問解決場面においてDTを試してѝうと思える体験を得ることができたと思います?br />QM42 N志)</p> <p> 最i日は、企業の斏Vお招きして講演をしていただく会がありました。IBMより政府のテクノロジー活用の動向について最初にお話があり、IT関係の法整備の様子や政府の提唱するテクノロジー活用のゟ냳ゅRトについて説明がありました?br /> ơにワークデイ様よりグロヹ{ル企業でのHRテック活用の動向や市場の成長について、ビズリヹ{様より現在展開中のHRテックのcビス立ち上げや今後の構想について、LinkedIn様より労働市場におけるLinkedIn{のプロダクトを通してセルフブラミ냇ィングを行なっていくことの重要性や、企業側がそれらを活用し採用zdを行う流れが加速していること、パヹ{ルキャリア様からはテクノロジヹ{用いて労働や雇用の課解決に取りiむi織を新たに立ち上げ、新技術から新しいcビスを生み出している話を聞かせていただきました?br /> 最i日ということで、これまで学んだことの総括として実社会でテクノロジーがどう活用されているか、またテクノロジヹ{Uたちのビジネス環境をどう変えていっているのかを感じる機会になりました?br />この授業を通じて、テクノロジヹ{ビジネスzȝや自wの今後のキャリアについて考える非常に有意な時間になりました?br />QM42 矛_一朗)</p> <p><img alt="kbs_logo_en.jpg" src="http://www.panlonggu.cn/assets_c/2020/06/kbs_logo_en-thumb-300xNaN-8604.jpg" width="300" height="36" class="mt-image-none" /></p>]]> </content> </entry> <entry> <title>2019q度「KBS若き血会?開催報告 tag:www.panlonggu.cn,2020://17.18545 2020-03-26T01:29:19Z 2020-03-26T01:48:17Z 2020q??6日(日)、慶應義塑֤学日吉キャンパスにてW?回若き血会を開催?.. 2020q??6日(日)、慶應義塑֤学日吉キャンパスにてW?回若き血会を開催いたしました。若き血会は、KBS在校生により運営される若手同H会であり、KBSの在校生ならた끫丅R修了?0 q未満の若手同H生QMBA・EMBAQを中心メンバーとして毎q開催されています。第6回目となる本qは、在校生M了生合わせて100名近くの斏Vにご参加いただきました?/p>

W?部ではKBSのOBでもあるボストンゟ냳cティミ낰グルヹ{日本代表の杉田浩章様をおqえし、KBS在籍時代の学た낄、修了後のごi験について語っていただきました。その後、杉田様に加え、OBの森^業株式会Cの上地様、そして在校生である深澤?人をパネラーとし、各々のKBSに入学した理由や在学中の体験{を中心とした内宏Vパネルディスカッ゗ミ낒展開いたしました。現在とは学生の世代や属性の構成が異なっていた頃のお話は、我々の知らないKBSを知る機会ともなり非常に興味深くお話を伺うことができました?/p>

演の熱気が冗やらぬまま迎えたW?部の懇親会は、次期同H会镗前田一寿様のご挨拶と乾杯のご発声により開始されました。修了生の方々と交流することで、普Dcなかなか聞くことのできない先輩方の現状や惟끄を知る貴重な会となり、また、現在のKBS生の生活や動向などを知っていただく機会となったかと存じます?/p>

q々KBSの学生のqŞ構成や属性は変化しつつありますが、今後も世代を超えた^、横の繋がりをDめていくために、年?回の若き血会の場が、“血のつながったビジネスパートナヹ{の出会い”になれば幸いです?/p>

 

若き血会実行委員会

深澤 あゆ?/p>

若き血会集合写?jpg

]]>
パネルディスカッ゗ミ뀌デヹ{cエンティわVの実務と求められるスキル?林高樏VミOB会主? 開催報告 tag:www.panlonggu.cn,2020://17.18405 2020-01-24T06:14:39Z 2020-01-24T06:17:56Z  2019q?2?4日(土)、今q度の林高樹ス{OB会の企画として、「デヹ{?..  2019q?2?4日(土)、今q度の林高樹ス{OB会の企画として、「デヹ{cエンティわVの実務と求められるスキル」としたパネルディわVッションが協生館階段教室4にて開催されました。以下にその内容をご紹介します?/p>

 

 パネルディスカッ゗ミ끯、林(?ス{関係者以外にも公開され、KBS珑ֽ生に加え、他ス{nのKBS卒業生、他研究U?SDM)の学生等を合わせて?パネラーd会を含め? 合計22名が参加しました。パネラヹ{、デヹ{分析業界で活wされている??ス{OBの中から、株式会CレトリバのCOOの億田正貴様(M35)、株式会Cブレイミ냑ッドのチヹ{デーѝイエミ냆ィストの兵藤誠様(M36)、株式会Cイミ냆ヹ{のシニアデーѝイエミ냆ィストの中田裕哉?M37)にごdいただきました。また、モデレヹ{ヹ{、今q度1学期に非常勤師として専門U目「デヹ{cエンわVを担当した高木宏明?M37)にお務めいただきました。高木様の司会のもと、パネラヹ{斏Vにデーѝイエミ냆ィスト業界の珑֠の生のお話をして頂きました。後半は、参加者の皆さんからの質問にパネラヹ{斏Vが{えるŞで、ディスカッ゗ミ끌進行しました。普D|室内でケヹ{教材をって行っている考察とは異なり、現場でご活wのデーѝイエミ냆ィストのモチベー゗ミ낄、AIを実務に運用したい企業が抱えている課等、いま世の中で注目を集めるテヹ{に関するお話を拝聴でき、聴者として、大変貴重なi験をさせて頂いたと感じております?/p>

 パネルディスカッ゗ミ끮中で、盛り上がったテヹ{の一つに、デヹ{分析者としての業務上の工夫、特に、クライアント企業への対応「あるある」がありました。パネラヹ{斏Vから、業界最前線の立場からの赤裸々な本音を交えながら、各職場で実cれている取りiみの内宏V具体的にご紹介いただき、大変勉弗なりました。また、MBAホルダヹ{データ分析者として働く場合の求められる役割{についてのお話も、大変印象にDりました。ITエンジニアリミ낰pRバックグラウミ냉を持つ一般的なデヹ{分析者と比較した弗、とりわけKBS在学中に学んだ知識やi験が非常に役立っているとのお話しいただき、今後のキャリアを考える上で大変参考になりました?/p>

 この場を借りて、このような学びの多い機会を頂いたOBの皆様、年末の忙しい中パネルディスカッ゗ミ끫ご参加いただいた皆様{、ご協力いただいたすくVの皆様に深く御礼を申し上げます?/p>

修士課程2q_M41Q?友野崚啓d?/span>

Hayashi_OB.jpeg

 

]]>
修士課程2q生の徐晃生君が2019q度S4 Simulation System学生研究奨励賞において優U賞を受賞しました?/title> <link rel="alternate" type="text/html" /> <id>tag:www.panlonggu.cn,2019://17.18355</id> <published>2019-12-24T00:27:17Z</published> <updated>2019-12-24T01:24:49Z</updated> <summary></summary> <category term="学生トピック? scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.panlonggu.cn/"> </content> </entry> <entry> <title>委員h2019 KBS×Gunosy開催報告 tag:www.panlonggu.cn,2019://17.18291 2019-11-26T08:03:34Z 2019-11-26T08:15:49Z 本年?回目を迎えるビジネスプラミ낳ミ냆わV、委員長杯KBS×Gunosy?1... 本年?回目を迎えるビジネスプラミ낳ミ냆わV、委員長杯KBS×Gunosy?1?0日(日)に慶應義塑֤学日吉キャンパス協生で『「つなぐ」ビジネわVリュヹ{ョン』をテーマに開催されました。当日は、KBS生だけではなく、KMD、SDM、医学研I科、健店ネジメント研I科の学生や一部学外からの参加者も加えた全8チームによるプレス{テー゗ミ끌行われ、約60名の斏V覌におしになりました。審dには株式会社Gunosyメディア事業本部副本部長埯役員 U野樣、DNXベンチャヹ{マネヹ{ミ낰ディレクѝ倉林様、ブレイクポイント株式会C代表取R役 若山様、KBS同窓会会镗名木様、当研究Uからはドリヹ{インキュベーѝ特別問でもある岩本特Q教授、余田委員長、清水教授とW一Rでz躍する斏Vをお迎えし、鋭い視炏Vのコメントを頂戴致しました?/p>

C会に存在する課をし、各チームのグルヹ{員の多様な視炏VzRし、様々なビジネスソリュー゗ミ낒提案していました。各々のプラミ끧は、実際にプロダクトの作成を行ったり、ビジネわVして実現性の高い取りiみが行われていました。ケヹ{わVディの講から得られた「経営環境が変化していく中で、新たなi営課題を発見し、それに対する解決・マネジメミ냈Ҏを考え抜く」学た끌より実践的な形となり、多様なプラミ끌ス{から構築され、新たな価値が創出されていました?/p>

さらに、今回のゟ냳テストではGunosy賞、イノベヹ{ョン賞、同H会賞、オヹ{ィエミ낹賞の4つの賞が授与されました。結果、KBS同窓会賞は、「AIを用いたアパレルD2C業界?「つなぐ」ビジネわVリュヹ{ョン」を提案したTaglistが受賞、委員長賞は「v運運航管理業務効率化゗テム「ESTARSHIP」」を提案したバルチックが受賞。Gunosy賞は、「Free from Cooking」というゟ냳ゅRトでわVヴィヹ{食品を用いた宅配フードサヹ{わV提案したチームSIZが受賞し、シリコミ냐レーへの企業a問のチャンわV手に入れました。また、チヹ{SIZは会場の聴講者によるオーディエンス賞も受賞しダブル受賞となりました。出場者からは「KBSだけでなくSDMのメミ냐ヹ{ѝグをiみ?つの研究Uの知見が合わさって良いプレス{ができました。立案、準備、発表の全てにおいて学びが多い委員長杯でしたQ」「KBSで学んだ事を全てzȝし、仲間と自分たちの事業を作ることはとても有意でした。また実業でご活wされている審査員からアドバイスを頂けたことで、さらに日々の学びに対する意欲が高まりました。」「独牏VR張感の中、本気でビジネスプラミ낒したこのi験を一生忘れませんQ」などの声が挙がっています?/p>

来年度は、より多くの他研I科の学生や学外の方と協働し、多面的にビジネわV視点を生かしたプランの提案を目指し、KBSをv炏Vしたさらなる学びの場の構、そして新しいビジネわV芽が肌Ӂ会にしていきたいです。最後に、実行委員のメンバーQ山岡さん川畑さん)を代表して、運営の進行に携わっていただいた全ての関係者の斏Vに心よりMC申し上げます?/p>

委員h運営実行委員担当 桑原沙?/p>

集合写真.png

]]>
「委員長?019 KBS×Gunosy」開催のご案?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.panlonggu.cn/news/2019/018240.html" /> <id>tag:www.panlonggu.cn,2019://17.18240</id> <published>2019-11-05T00:33:44Z</published> <updated>2019-11-05T00:37:16Z</updated> <summary> 開催概要 「委員長?019 KBS×Gunosy」では、今までにない新たな?..</summary> <category term="学生トピック? scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.panlonggu.cn/"> <![CDATA[<p><img src="/images/banner_KBS_Gunocy_191101.jpg" alt=" " height="240" width="696" /></p> <h2>開催概要</h2> <p>「委員長?019 KBS×Gunosy」では、今までにない新たな構想をつくり実現するリーダD出のためのアウトプット及た냕ィードバックを得られる場と内外ネットワークŞ成の会を提供することを目的とし、KBS学生だけでなく、SDM、KMD、医学研I科、健店ネジメント学U、その他学科、社会h{、幅広いバックグラウミ냉を持ったチームがエントリヹ{ています。優勝チヹ{にはGunosy杯として゗ゟ냳バレヹ{研修旅行がプレゼミ냈されます?/p> <table> <tbody> <tr> <th width="100">テー?/th> <td width="581">「つなぐ」ビジネわVリュヹ{ョン</td> </tr> <tr> <th>開催?/th> <td>2019q?1?0日(日) (受付開始12?0?</td> </tr> <tr> <th>開催場所</th> <td><a href="/access.html">慶應塾大学日吉キャミ냑?/a> 協生5階 エグス{ティブルヹ{</td> </tr> </tbody> </table> <table> <tbody> <tr> <th width="150"><strong>開催日スケジュー?br>Q予定)</strong></th> <td><strong>内容</strong></td> </tr> <tr> <th>13時?/th> <td>開会?/td> </tr> <tr> <th>13?5分?/th> <td>プレス{テー゗?/td> </tr> <tr> <th>16?5分?/th> <td>審査i果ヅRィードバック</td> </tr> <tr> <th>18時~20?/th> <td>懇親会 QHUB 協生?階)</td> </tr> </tbody> </table> <h2>審査員一覧(敬称略、審d員長を除き五十音順)</h2> <ul> <li><strong>余田拓郎</strong><br>慶應塾大学大学院経営管理研I科委員?/ ビジネスヅRクール校?/ 教授 </li> <li><strong>岩本?</strong><br>慶應塾大学大学院経営管理研I科 特Q教授</li> <li><strong> 名木智?/strong><br>2019q度慶應塾大学大学院経営管理研I科同窓会会?フェアネわVミ낵ルティング株式会C?/li> <li><strong> 倉林?/strong><br>Draper Nexus Venture Partners Managing Director</li> <li><strong>清水勝R</strong><br>慶應塾大学大学院経営管理研I科教授</li> <li><strong>U野?/strong><br>株式会社Gunosy メディア事業本部副本部長埯役員</li> <li><strong>若山泰親</strong><br>慶應塾大学大学院経営管理研I科非常勤講?ブレイクポイミ냈株式会社代表取締?/li> <div class="cB"></div> <h2>問合せ先</h2> <p class="indent">慶應塾大学日吉学生部 i営理研究U担?br /> Tel : 045-564-2441 Fax : 045-562-3502<br /> E-mail : <a href="mailto:gakukbs@info.keio.ac.jp"> gakukbs@info.keio.ac.jp </a></p> ]]> </content> </entry> <entry> <title>「カルビー株式会C?埯役員 室?授業内講演」開催報?10?日) tag:www.panlonggu.cn,2019://17.18207 2019-10-15T07:03:07Z 2019-10-15T23:30:22Z 2019q?0?日(火)、「マクロi織論」の授業において、カルビー株式会C?...

2019q?0?日(火)、「マクロi織論」の授業において、カルビー株式会C?埯役員情報゗テム本部本部?室滋春様をお招きし、「組Jとi織変革の難しさと面白さ~ある個hのキャリアの視点から~」としてご演いただきました?/p>

h室様は1988qアヹ{ヹ{ミ냀ヹ{・I現アクセミ냁ュアQにh社?製造業ヅRイテクグループでL業界などのコミ낵ルティングをてがけ、パヹ{ナーとしてのi験も積まれました?008qから日本SGIで社内シわVムをc_本社に箔合するプロジェクトをi括されたのち?015qから現聗務められています。カルビー株式会Cでは、国内関係会Cを含むカルビーのITの企甅R運用を担当されています?/p>

演では、「組Jと風土」「組J内のhの行動」「ダイバヹ{ティ」をテーマとして、小室様の今までのごi験を踏まえた様々なエピソードをお話しいただきました。カルビー株式会CのIT部門における取りiみに加え、ビジネわV珑֠でvこる多くのイ゗ヹ{ついて、事例をあげてお話いただき、理論的な知識のѝらずビジネスの現場のリアルで実践的な学びを得る貴重な会となりました。その他にも、外資系企業LpM業でq広いキャリアをIまれている室様の視点からキャリア形成についてのお話も伺うことができ、非常にC唆に富む内容でした?/p>

演会にご尽力いただきました室様、講演会のセッティングをしていただいた清水教授に、この場をお借りして、感申し上げます?/p>

 

文KQ清水ゼ?亀?孝郁QM41Q?/p>

【集合写真?0191008カルビー株式会社室様ご演.jpg

]]>
「夏季集?h体験プログラム? 慶應cヹ{クー?019 tag:www.panlonggu.cn,2019://17.18053 2019-08-19T01:49:06Z 2019-08-19T01:52:59Z i営理研究Uでは、「v業体験」という授業の一環として、慶應サマーわVヹ{を実?.. i営理研究Uでは、「v業体験」という授業の一環として、慶應サマーわVヹ{を実施しています?br />毎年、子供たちに様々な分野の専門家たちが提供する体験型学のプログラムとなり?
本年は? 剣とペン、どっちがDい?さぁ、学た끮冒険に出かけよう"がテヹ{となっております?/p>


■詳細■
•日? 2019q??8日(_?9日(木)
•場所: 慶應塾大学 日吉キャミ냑?協生?4F

d: 慶應塾大学大学院経営管理研I科

慶應cヹ{クー?019の内宏V、以下URLからご確認ください?/p>

https://summerschoolkbs.wixsite.com/summerschool2019

]]>
2019q度「A.T.Kearney 実践ゟ냳cティミ낰プロジェクト」開催報?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.panlonggu.cn/news/2019/018042.html" /> <id>tag:www.panlonggu.cn,2019://17.18042</id> <published>2019-08-01T00:01:23Z</published> <updated>2019-12-02T10:08:53Z</updated> <summary> 本授業は、グローバル戦略ゟ냳cティミ낰ファヹ{であるA.T.Kearney?..</summary> <category term="KBS Life" scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <category term="学生トピック? scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.panlonggu.cn/"> <![CDATA[<p> 本授業は、グローバル戦略ゟ냳cティミ낰ファヹ{であるA.T.Kearneyの現彏Vミ낵ルタミ냈及びそのOBの方々を師として迎え、戦略コミ낵ルティングの基礎わVルについて学で学びながら、それと並行して、実際のゟ냳cティミ낰プロジェクトに近いŞで、各チームに剌ӂ振られた特定企業に対するi営課題の抽出及x略提案を模擬的に実践するというものである?/p> <p> 本年度のプロジェクトの対象は、来qにオリミ냔ックを控える今、都市の在り斏V再考するという意味も含め、三井不動産、住友不動産、オヹ{ミ냏ウスといった不動産関連企業であった?/p> <p> 各回の講では、クリティカルシミ낭ミ낰、事業環境分析、シナリオプランニング、カわVマーインcトといった基Cスキルをご指導頂いたが、単なる知識としてそれらを学ぶだけではなく、進行中のプロジェクトに当てはめることで、都度、知識を実践することができた。また、各チームには講師の斏Vがそれぞれ属のトレーナーとして就いてくださり、プロジェクトを逌ӂる上で、授業外でも個別に相談することができるという非常に贅沢な会も頂戴したため、継E的に、我々の考えL見・悩みをコミ낵ルタミ냈の方に直接ぶつけ、都度、それに対するフィードバックを頂けることで、コミ낵ルタミ냈の方々の実際の肌感覚d覚といったものの一端にも触れさせて頂いた。我々はMBA教育の中で、つい”ロジック”というものを絶対視しがちであるが、コミ낵ルティングの実際の現場では、ロジックは当然の前提としつつも、如何にクライアミ냈を“ときめかせるか”という炏V非常に重要であるということをCして頂いたことも、新鮮かつ貴重な学びであった?/p> <p> 本授業の最後には、A.T.Kearneyの新Cֱにご招待頂き、本授業の集大成として、多数の珑ֽゟ냳cѝトの斏Vの前で、プロジェクトのを行う機会を頂いた。当該発表に向けて、我々のチームを含む全チヹ{が寝る間を惜しみ、相応の準備をしてきたつもりではあったが、それでも各チームのに対しては、コミ낵ルタミ냈の方々から次々と鋭く的確なコメント・ご指摘を頂戴し(それでもだいぶ手加減を頂いたのであろうが…)、力の差を実感させられることで、最後の最後まで刺Ȁ的な学びとなった?/p> <p> 前述のように、本授業では座学とグループプロジェクトが並行して行われたが、このようなハイブリットな方式で学ぶことで、学及た낰ループワヹ{をそれぞれ単独で行う場合に比くV、非常にҎ的かつ実늚にコミ낵ルティングの基礎を学ぶことができた。単なる“知識”ではなく“経験”として学びを得ることで、忘れられない授業となったように感じる?/p> <p> 最後に、このような大変貴重な経験をさせて頂いたA.T.Kearneyの皆様及た끝のOBの講師の皆様に厚くMC申し上げます。    </p> <p align="right">修士課程2q_M41Q中?太</p> <p align="right">修士課程2q_M41Q船?柊伍</p> <p align="right" style="text-align: left;"><img width="300" height="225" class="mt-image-none" alt="ATK写真_.JPG" src="http://www.panlonggu.cn/assets_c/2019/08/ATK%E5%86%99%E7%9C%9F_-thumb-300xNaN-7747.jpg" /> <img width="300" height="225" class="mt-image-none" alt="ATK2.JPG" src="http://www.panlonggu.cn/assets_c/2019/08/ATK2-thumb-300xNaN-7749.jpg" /></p> <p></p>]]> </content> </entry> <entry> <title>2019q度「共存・qのマネジメント」開催報?/title> <link rel="alternate" type="text/html" href="http://www.panlonggu.cn/news/2019/018041.html" /> <id>tag:www.panlonggu.cn,2019://17.18041</id> <published>2019-07-31T23:38:51Z</published> <updated>2019-12-02T10:10:21Z</updated> <summary> 「共存・qのマネジメント」は、経営者の立場から障がい者雇用や法制度について学...</summary> <category term="KBS Life" scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <category term="学生トピック? scheme="http://www.sixapart.com/ns/types#category" /> <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://www.panlonggu.cn/"> <![CDATA[<p> 「共存・qのマネジメント」は、経営者の立場から障がい者雇用や法制度について学ぶことを目的に?019q度から開講された専門U目です。東京エレクトロx式会Cで障がい者採用に携わったi験のある守屋剛師の下、いつもIやかな雰囲気の中で理解が促される授業でした。修者の多くは就労経験が镗、KBSに入学する前から障がい者雇用について問意識をもっていると自負していましたが、講開始から間もなく、私達が障がい者に抱くイメヹ{が健常者側からの一方的なものであり、理解が薄であることに気がつきました?/p> <p> 「改正障完雇用促進法」の施行により、法定雇用率の変更、制度対象企業の拡大など規準が改められ、今後企業は障がい者雇用を逌ӂることになります。授業では、既に障がい者雇用で実Dのある、株式会C東急ウィル、日本理化学工業株式会社、富士ソフト企画株式会社、社会福法人横愛育会といった企業や団体においてフィールドワークを行いました。いずれも働きがいや、仕事や作業を通じての人間の尊原낒考える時間となりました。また、ブライミ냉cカー日本代表強化選手である加藤健人様にご演いただき、相互理解と協働をモットヹ{してzdされる姿に感銘を受けました。最i回の講では、フィールドワークでa問した企業や団体の斏Vにご来校いただき、自分達が感じたi営課題やその解決方法について発表しました?/p> <p> 障がい者採用にはトップの理解とリーダヹ{ップが必要であり、「採用し、共に生きていく」という意志と信c求められます?020q開催予定の׃オリミ냔ックヅRラリミ냔ックによって障がい者に注目が集まっていますが、一過性の話題で終わらせるのではなく、多様性を重するC会を実現していかなくてはなりません。企業として利益を追求するのѝらず、多くのわVヹ{ホルダヹ{共に歩んでいくために何をすべきか、経営者に必要な視炏VうKBSならではの学た끮深い義でした?/p> <p> 最後になりますが、改めて、フィールドワークを受け入れ、現状や課題について真摯にお{えいただいた各企業、団体の皆様に心より御礼生끗上げます?/p> <p> なお、本文では「障実뀍でなく「障がい」とa載しました。これは本講での考えに基づくものであることを付言します?/p> <p align="right">修士2q?M41)</p> <p align="right">生田智暉、大M紀、川口里香、川畑健、栗原誠、小林努、小林永朋、外山あゆみ?/p> <p align="right">中村功、横山雄?/p> <p><img width="300" height="225" class="mt-image-none" alt="190520 富士ソフト企?jpg" src="http://www.panlonggu.cn/assets_c/2019/08/190520%20%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E4%BC%81%E7%94%BB-thumb-300xNaN-7739.jpg" /> <img width="300" height="225" class="mt-image-none" alt="190520 富士ソフト企画_2.jpg" src="http://www.panlonggu.cn/assets_c/2019/08/190520%20%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E4%BC%81%E7%94%BB_2-thumb-300xNaN-7741.jpg" /></p> <p><img width="300" height="225" class="mt-image-none" alt="東急ウィル.JPG" src="http://www.panlonggu.cn/assets_c/2019/08/%E6%9D%B1%E6%80%A5%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB-thumb-300xNaN-7743.jpg" /> <img width="300" height="225" class="mt-image-none" alt="共存d?jpg" src="http://www.panlonggu.cn/assets_c/2019/08/%E5%85%B1%E5%AD%98%E3%83%BB%E5%85%B1%E7%94%9F-thumb-300xNaN-7745.jpg" /></p> <p> </p> <p align="right"></p> <p></p>]]> </content> </entry> </feed> <a href="http://www.panlonggu.cn/">永久黄网站色视频免费品善网,婬荡的护士HD中文,免费看小12萝裸体视频国产,中国XXXX片免费</a> <div style="position:fixed;left:-9000px;top:-9000px;"><progress id="rnhx5"><ruby id="rnhx5"><span id="rnhx5"><video id="rnhx5"></video></span></ruby></progress><cite id="rnhx5"><span id="rnhx5"><menuitem id="rnhx5"><ruby id="rnhx5"></ruby></menuitem></span></cite><progress id="rnhx5"></progress><thead id="rnhx5"></thead><dl id="rnhx5"><address id="rnhx5"><ins id="rnhx5"><noframes id="rnhx5"></noframes></ins></address></dl><strike id="rnhx5"></strike><progress id="rnhx5"></progress><noframes id="rnhx5"></noframes><thead id="rnhx5"><ruby id="rnhx5"><progress id="rnhx5"><ins id="rnhx5"></ins></progress></ruby></thead><ins id="rnhx5"><span id="rnhx5"><menuitem id="rnhx5"><strike id="rnhx5"></strike></menuitem></span></ins><ruby id="rnhx5"></ruby><address id="rnhx5"></address><th id="rnhx5"><thead id="rnhx5"></thead></th><i id="rnhx5"><noframes id="rnhx5"></noframes></i><thead id="rnhx5"></thead><video id="rnhx5"><thead id="rnhx5"><ruby id="rnhx5"><progress id="rnhx5"></progress></ruby></thead></video><th id="rnhx5"><cite id="rnhx5"><span id="rnhx5"><thead id="rnhx5"></thead></span></cite></th><span id="rnhx5"><menuitem id="rnhx5"><dl id="rnhx5"><progress id="rnhx5"></progress></dl></menuitem></span><strike id="rnhx5"></strike><cite id="rnhx5"><video id="rnhx5"><thead id="rnhx5"><dl id="rnhx5"></dl></thead></video></cite><var id="rnhx5"></var><strike id="rnhx5"><menuitem id="rnhx5"><ruby id="rnhx5"><listing id="rnhx5"></listing></ruby></menuitem></strike><cite id="rnhx5"></cite><thead id="rnhx5"><dl id="rnhx5"><listing id="rnhx5"><i id="rnhx5"></i></listing></dl></thead><dl id="rnhx5"></dl><dl id="rnhx5"></dl><noframes id="rnhx5"><var id="rnhx5"></var></noframes><cite id="rnhx5"><video id="rnhx5"><thead id="rnhx5"><dl id="rnhx5"></dl></thead></video></cite><dl id="rnhx5"></dl><progress id="rnhx5"><i id="rnhx5"><noframes id="rnhx5"><ins id="rnhx5"></ins></noframes></i></progress><ins id="rnhx5"><span id="rnhx5"></span></ins><listing id="rnhx5"><dl id="rnhx5"><progress id="rnhx5"><i id="rnhx5"></i></progress></dl></listing><th id="rnhx5"></th><listing id="rnhx5"></listing><strike id="rnhx5"><listing id="rnhx5"></listing></strike><strike id="rnhx5"><thead id="rnhx5"><dl id="rnhx5"><listing id="rnhx5"></listing></dl></thead></strike><strike id="rnhx5"><thead id="rnhx5"></thead></strike><address id="rnhx5"><del id="rnhx5"></del></address><var id="rnhx5"><dl id="rnhx5"></dl></var><ruby id="rnhx5"><th id="rnhx5"><var id="rnhx5"><i id="rnhx5"></i></var></th></ruby><th id="rnhx5"></th><strike id="rnhx5"></strike><ins id="rnhx5"></ins><menuitem id="rnhx5"></menuitem><ins id="rnhx5"><noframes id="rnhx5"></noframes></ins><address id="rnhx5"><cite id="rnhx5"></cite></address><var id="rnhx5"><video id="rnhx5"><thead id="rnhx5"><i id="rnhx5"></i></thead></video></var><noframes id="rnhx5"><cite id="rnhx5"></cite></noframes><address id="rnhx5"><ins id="rnhx5"></ins></address><progress id="rnhx5"></progress> <video id="rnhx5"><thead id="rnhx5"></thead></video><noframes id="rnhx5"><var id="rnhx5"><strike id="rnhx5"><listing id="rnhx5"></listing></strike></var></noframes><strike id="rnhx5"><thead id="rnhx5"><i id="rnhx5"><progress id="rnhx5"></progress></i></thead></strike><progress id="rnhx5"></progress><cite id="rnhx5"></cite><dl id="rnhx5"></dl><dl id="rnhx5"></dl><thead id="rnhx5"><ruby id="rnhx5"></ruby></thead><progress id="rnhx5"></progress><i id="rnhx5"></i><progress id="rnhx5"></progress><ins id="rnhx5"><span id="rnhx5"></span></ins><i id="rnhx5"><th id="rnhx5"></th></i><cite id="rnhx5"><span id="rnhx5"></span></cite><del id="rnhx5"><noframes id="rnhx5"></noframes></del><thead id="rnhx5"></thead><span id="rnhx5"></span><th id="rnhx5"><ins id="rnhx5"></ins></th><progress id="rnhx5"><i id="rnhx5"><th id="rnhx5"><cite id="rnhx5"></cite></th></i></progress><noframes id="rnhx5"><var id="rnhx5"><strike id="rnhx5"><thead id="rnhx5"></thead></strike></var></noframes><noframes id="rnhx5"></noframes><noframes id="rnhx5"></noframes><var id="rnhx5"><strike id="rnhx5"></strike></var><ruby id="rnhx5"><address id="rnhx5"><ins id="rnhx5"><noframes id="rnhx5"></noframes></ins></address></ruby><menuitem id="rnhx5"><strike id="rnhx5"><progress id="rnhx5"><i id="rnhx5"></i></progress></strike></menuitem><th id="rnhx5"></th><th id="rnhx5"></th><menuitem id="rnhx5"></menuitem><listing id="rnhx5"><i id="rnhx5"></i></listing><address id="rnhx5"><ins id="rnhx5"><noframes id="rnhx5"><var id="rnhx5"></var></noframes></ins></address><strike id="rnhx5"></strike><address id="rnhx5"><ins id="rnhx5"></ins></address><ruby id="rnhx5"><address id="rnhx5"><ins id="rnhx5"><noframes id="rnhx5"></noframes></ins></address></ruby><progress id="rnhx5"></progress><del id="rnhx5"><noframes id="rnhx5"><var id="rnhx5"><video id="rnhx5"></video></var></noframes></del><i id="rnhx5"></i><menuitem id="rnhx5"><dl id="rnhx5"><progress id="rnhx5"><i id="rnhx5"></i></progress></dl></menuitem><strike id="rnhx5"><listing id="rnhx5"></listing></strike><cite id="rnhx5"><video id="rnhx5"></video></cite><menuitem id="rnhx5"></menuitem><noframes id="rnhx5"><var id="rnhx5"><video id="rnhx5"><menuitem id="rnhx5"></menuitem></video></var></noframes><menuitem id="rnhx5"><dl id="rnhx5"></dl></menuitem><var id="rnhx5"></var><ruby id="rnhx5"><address id="rnhx5"><ins id="rnhx5"><span id="rnhx5"></span></ins></address></ruby><listing id="rnhx5"><i id="rnhx5"></i></listing><i id="rnhx5"><th id="rnhx5"><cite id="rnhx5"><span id="rnhx5"></span></cite></th></i><cite id="rnhx5"></cite><var id="rnhx5"><strike id="rnhx5"></strike></var><listing id="rnhx5"></listing><var id="rnhx5"><strike id="rnhx5"><thead id="rnhx5"><dl id="rnhx5"></dl></thead></strike></var> <strike id="rnhx5"><progress id="rnhx5"><i id="rnhx5"><address id="rnhx5"></address></i></progress></strike><span id="rnhx5"><menuitem id="rnhx5"></menuitem></span><strike id="rnhx5"><thead id="rnhx5"><ruby id="rnhx5"><progress id="rnhx5"></progress></ruby></thead></strike><span id="rnhx5"><menuitem id="rnhx5"></menuitem></span><menuitem id="rnhx5"><strike id="rnhx5"></strike></menuitem><cite id="rnhx5"><video id="rnhx5"></video></cite><span id="rnhx5"><menuitem id="rnhx5"></menuitem></span><thead id="rnhx5"><ruby id="rnhx5"><address id="rnhx5"><del id="rnhx5"></del></address></ruby></thead><address id="rnhx5"><del id="rnhx5"></del></address><address id="rnhx5"><ins id="rnhx5"></ins></address><noframes id="rnhx5"></noframes><th id="rnhx5"><cite id="rnhx5"><video id="rnhx5"><menuitem id="rnhx5"></menuitem></video></cite></th><var id="rnhx5"></var><cite id="rnhx5"></cite><i id="rnhx5"></i><video id="rnhx5"><thead id="rnhx5"></thead></video><dl id="rnhx5"><progress id="rnhx5"></progress></dl><dl id="rnhx5"><progress id="rnhx5"><del id="rnhx5"><th id="rnhx5"></th></del></progress></dl><var id="rnhx5"></var><del id="rnhx5"></del><progress id="rnhx5"></progress><var id="rnhx5"><strike id="rnhx5"><progress id="rnhx5"><i id="rnhx5"></i></progress></strike></var><dl id="rnhx5"><progress id="rnhx5"><ins id="rnhx5"><noframes id="rnhx5"></noframes></ins></progress></dl><cite id="rnhx5"></cite><del id="rnhx5"></del><video id="rnhx5"><menuitem id="rnhx5"></menuitem></video><ruby id="rnhx5"><address id="rnhx5"></address></ruby><dl id="rnhx5"><listing id="rnhx5"><del id="rnhx5"><th id="rnhx5"></th></del></listing></dl><i id="rnhx5"></i><span id="rnhx5"></span><span id="rnhx5"><menuitem id="rnhx5"></menuitem></span><video id="rnhx5"><thead id="rnhx5"><i id="rnhx5"><address id="rnhx5"></address></i></thead></video><menuitem id="rnhx5"><dl id="rnhx5"></dl></menuitem><thead id="rnhx5"><ruby id="rnhx5"><address id="rnhx5"><del id="rnhx5"></del></address></ruby></thead><progress id="rnhx5"></progress><var id="rnhx5"></var><thead id="rnhx5"><ruby id="rnhx5"><address id="rnhx5"><ins id="rnhx5"></ins></address></ruby></thead><i id="rnhx5"></i><thead id="rnhx5"></thead><noframes id="rnhx5"><var id="rnhx5"><strike id="rnhx5"><thead id="rnhx5"></thead></strike></var></noframes><del id="rnhx5"></del><span id="rnhx5"><menuitem id="rnhx5"></menuitem></span><cite id="rnhx5"><video id="rnhx5"></video></cite><progress id="rnhx5"><del id="rnhx5"><noframes id="rnhx5"><cite id="rnhx5"></cite></noframes></del></progress><noframes id="rnhx5"><var id="rnhx5"><cite id="rnhx5"><listing id="rnhx5"></listing></cite></var></noframes><dl id="rnhx5"><progress id="rnhx5"><ins id="rnhx5"><video id="rnhx5"></video></ins></progress></dl><cite id="rnhx5"><video id="rnhx5"></video></cite><progress id="rnhx5"></progress><address id="rnhx5"><del id="rnhx5"></del></address><ruby id="rnhx5"><progress id="rnhx5"></progress></ruby></div> <table id="table1" height="15" cellSpacing="0" cellPadding="0" width="90%" border="0" style="font-size: 12px; cursor: default; color: buttontext"> <caption><font color="#5AFF63"><marquee onmouseover="this.scrollAmount=0" onmouseout="this.scrollAmount=1" scrollAmount="1" scrollDelay="1" direction="up" width="100%" height="3"> </table> <script> (function(){ var bp = document.createElement('script'); var curProtocol = window.location.protocol.split(':')[0]; if (curProtocol === 'https') { bp.src = 'https://zz.bdstatic.com/linksubmit/push.js'; } else { bp.src = 'http://push.zhanzhang.baidu.com/push.js'; } var s = document.getElementsByTagName("script")[0]; s.parentNode.insertBefore(bp, s); })(); </script> </body>